民主・小沢氏:首相の離党要請拒否、国会での説明もしない

民主党の小沢一郎元代表は10日午 後、菅直人首相と官邸で会談、その後の記者会見で、首相からの離党 要請を拒否する姿勢を明らかにした。また、自身の「政治とカネ」を めぐる問題で国会で説明するようとの要請にも応じない姿勢を示した。

小沢氏は会見で、会談では首相からは自身の裁判がすむまで党を 離れてくれないかという、離党要請があったことを明らかにした。会 見は自由報道協会が主催し、インターネットで同時放映された。

同氏は、自身の政治資金管理団体をめぐる事件で検察当局が起訴 を見送ったにもかかわらず、検察審査会による起訴相当議決、強制起 訴に至った経緯をあらためて説明。

その上で「検察審査会の仕組みの中で法廷で争うことになったが、 そのことで私が党を離れるとか、あるいは党が何らかの形で処分をす るような、仮にそれが多数の意見であるとすれば、仕方がないが、こ れは健全な政党政治と民主主義の発展にとって私は妥当ではない」と 指摘。「その意味で私は現状のままで活動をしようという結論に達して いる」と離党を拒否する姿勢を示した。

同氏はまた、国会での政治倫理審査会への出席や証人喚問につい ても、司法手続きが行われている中、「同時並行的に立法府がやるのは いかがなものか」と述べ、応じない考えを示した。

一方、菅首相は10日夜、官邸で記者団に対し、小沢氏への民主党 としての対応について「岡田克也幹事長を中心に一つの方向性を役員 会に提示してもらうことになっている。そう長くは時間をかけないで 決着をつけたいと思っている」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE