ガスプロム:10年7-9月は9%減益-為替差損と輸出減で

ロシアの天然ガス輸出会社、ガ スプロムの2010年7-9月(第3四半期)決算は、利益が前年同期 比9%減少した。為替差損が減益要因だった。ただ、欧州での売り上 げの落ち込みを天然ガスの値上がりが若干補った。

10日にウェブサイトに掲載した発表によると、純利益は1590 億ルーブル(約4500億円)と、ブルームバーグがまとめたアナリス ト8人の予想平均と一致。為替差損は68億ルーブル。前年同期は 425億ルーブルの為替差益だった。

7-9月期の売上高は15%増の7860億ルーブルとなった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE