加RIMのオプション購入を、新製品発売前に-ゴールドマンが推奨

カナダのリサーチ・イン・モーシ ョン(RIM)がタブレット型パソコン(PC)「プレイブック」を 発売する前に、投資家は同社の株式オプションを購入すべきだと、ゴ ールドマン・サックス・グループは指摘している。発売に伴う株価変 動の可能性が適切に織り込まれていないためだという。

株式デリバティブ(金融派生商品)ストラテジスト、ジョン・マ ーシャル、マリア・グラント両氏は、RIMの行使価格60ドルの4 月物プット(売る権利)と、同65ドルの4月物コール(買う権利) を買ういわゆるストラングル買いを勧めている。9日のニューヨーク 株市場でRIMの終値は、前日比ほぼ変わらずの63.57ドルだった。

両氏は9日のリポートで、RIMについて「オプションには、タ ブレット型PC発売に伴う株価変動の増幅の可能性が織り込まれてい ないようだ。販売実績の強弱が株価の動意になるとみている」と指摘 した。

スマートフォン(多機能携帯電話)「ブラックベリー」の市場シ ェアをアップルの「iPhone(アイフォーン)」に奪われている RIMは、新たな収入源を確保し、成長を加速させるため、プレイブ ックを開発。1-3月期中に発売する予定だ。

調査会社IDCによると、タブレット型PCの今年の販売台数は 4460万台と、昨年のほぼ3倍になる見込み。昨年4月に発売されたア ップルの「iPad(アイパッド)」は販売台数が1480万台に上っ ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE