中国:7日物レポ金利が低下-春節連休明けで資金需要鈍る

中国の短期金融市場では10日、指 標となる7日物レポ金利が低下した。春節(旧正月)の連休が明け、 銀行が保有資金を減らしていることが背景。

上海にある銀行間資金の取引センター、NIFCの発表によれば、 7日物レポ金利は9ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下 の3.98%となった。1月30日には3年ぶり高水準の8.5%に達してい た。

金利スワップレートも低下。1年物は3bp低下の3.89%。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE