ブラジル:11年度は予算を2.5兆円削減、緊急時の刺激策を全て解除へ

ブラジル政府は2011年度の予算を 500億レアル(約2兆5000億円)削減する方針だ。マンテガ財務相が 明らかにした。ルセフ政権はインフレ抑制と将来の利下げに向けて中 央銀行を支援することを目指している。

予算削減案の詳細は来週発表される予定。マンテガ財務相がブラ ジリアで語ったところによると、世界金融危機のさなか、2009、2010 両年に導入された全ての景気刺激策を解除する。社会プログラムとイ ンフラ投資は継続するものの、政府機関の採用は凍結し、ブラジル国 立経済社会開発銀行(BNDES)への補助金を減額。全省庁に支出 削減を義務付ける。

同相は、予算削減は中銀が「適切な時期に」利下げを実施できる 環境につながると発言。今年の同国経済は5%成長が見込まれ、予算 を削減しても景気に悪影響を与えないとの見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE