デリバティブ規制強化、取引プラットホーム競争妨げも-IOSCO

更新日時

20カ国・地域(G20)による店 頭デリバティブ(金融派生商品)の透明性強化に向けた取り組みは、取 引プラットホーム間の競争を一部阻害する可能性があると、証券監督者 国際機構(IOSCO)が指摘した。

英金融サービス機構(FSA)や米証券取引委員会(SEC)な ど各国・地域の証券当局で構成するIOSCOは18日、取引プラット ホームが異なる商品を「最大限」に扱えるようにするため、当局は規則 設定で「柔軟なアプローチ」を取るべきだと指摘した。デリバティブ規 制強化がもたらす費用と効果についてのリポートをウェブサイトに掲載 した。

G20首脳らは、金融危機への対応の一環として、店頭デリバティ ブがもたらす潜在的リスクの低減に取り組んでおり、2009年には標準 化した店頭デリバティブの「取引所ないし電子取引プラットホームでの 適切な売買」を呼び掛けた。

IOSCOは、店頭デリバティブの透明性強化により、「特定の 商品開発の動機が薄れる」恐れがあると警告。デリバティブ規則に順守 できなくなった既存の取引プラットホームが淘汰(とうた)される可能 性もあるとの見通しを示した。それにより「最終的にはプラットホーム 間の競争の多様性が損なわれるかもしれない」と結論付けた。

-- Editors: Peter Chapman, Paul Armstrong

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: 東京 柴田広基 Hiroki Shibata +81-3-3201-8867 hshibata@bloomberg.net Editor:Masashi Hinoki 記事に関する記者への問い合わせ先: Jim Brunsden in Brussels at +32-2-285-4304 or jbrunsden@bloomberg.net. 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Anthony Aarons at +44-20-7673-2227 or aaarons@bloomberg.net.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE