サンデン株急落、大幅増益も通期予想据え置き-過度の業績期待後退

自動車空調コンプレッサー世界2 位のサンデン株が一時、前日比12%安の368円と急反落した。自動車 向け販売の増加から、2010年4-12月の連結営業利益は前年同期比で 大幅な増益を達成。ただ、会社側では通期予想を据え置いており、過 度の業績期待感が後退した。午前10時49分時点で、東証1部の値下 がり率2位。

同社が9日に発表した4-12月連結営業利益は前年同期比58% 増の48億7400万円となった。主力の自動車機器事業で、中国やイン ドなど新興国の自動車市場が拡大し、欧米市場の回復も貢献した。原 価低減努力も、利益増加に寄与したとしている。据え置いた通期(2011 年3月期)計画の65億円に対する9カ月進ちょく率は75%。

シティグループ証券の吉田有史アナリストは9日付リポートで、 10-12月営業利益は同証予想を下回ったと指摘。10-12月より1-3 月に利益が出やすい季節性を考慮すると、会社予想達成は可能としな がらも、同証予想の77億円の達成は「厳しくなったと言わざるを得な い」とした。会社予想が据え置かれたことで、「短期的に株価は下落す る可能性がある」という。ブルームバーグ・データによるアナリスト の今期予想平均値は74億5000万円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE