米SEC、上場投資信託利用したインサイダー取引を調査-関係者

【記者:Joshua Gallu】

2月9日(ブルームバーグ):米証券取引委員会(SEC)は、イ ンサイダー取引を隠ぺいする手段として上場投資信託(ETF)が利 用されていないかどうかを調査している。事情に詳しい関係者1人が 明らかにした。

通常、指数に連動し株式のように取引されるETFを購入するこ とで、先物取引を行わなくても株価の値動きに投資することが可能だ。 同関係者によると、企業の非公開情報を持つ投資家は、株式を直接売 買する代わりに、該当する銘柄を組み入れたファンドを取引すること で、不正な注文を隠すことができるもようだ。

ETFは1993年の導入以来、本数が急増しており、投資対象も、 商品を含むさまざまな資産に拡大した。SECはデータに基づく手法 を通じて、インサイダー取引や市場操縦のパターンを突き止める分析 を進めているとかねて指摘していた。

今回の調査については、英紙フィナンシャル・タイムズが先に報 じた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE