全日空:エンジン整備を米P&Wに一括委託-年20億円コスト減見込む

全日本空輸は10日、米プラット・ア ンド・ホイットニー(本社:コネチカット州、P&W)と、米ボーイン グ「777」型機向けエンジンの整備包括契約(10年間)の運用を開始し たとウェブサイトで発表した。同契約は高圧回転翼部品などの修理と廃 棄部品補充をP&Wに一括委託するもので、全日空は年間約20億円超の エンジン整備費用の削減を見込むとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE