ロート薬株急伸、寒波到来でスキンケア好調-利益予想の再増額期待

大衆薬で目薬首位のロート製薬株 が一時、前日比3.7%高の974円と急伸。寒波到来や花粉飛散量増加 見込みなどから、今期(2011年3月期)の連結営業利益予想を引き上 げた。アナリストからは引き上げ後の利益予想も保守的との指摘が出 ており、再増額期待が高まっている。

同社が9日に発表した決算によると、10年4-12月連結営業利益 は前年同期比10%増の101億円となった。11月以降の寒波到来で、リ ップクリームやハンドクリームなど保湿関連品が堅調に推移。今春の 花粉飛散量が例年より多いと予想されていることで、花粉関連品の出 荷も好調だった。これを受け、11年3月期の営業利益予想を従来の120 億円から125億円(前期比0.4%減)へ引き上げた。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券の日比野敏之アナリストは 9日付リポートで、4-12月営業利益の10%増以上と通期計画の上方 修正はポジティブサプライズだと指摘。さらに、「新しい会社計画に対 する進ちょく率は81%と依然として保守的な印象」とし、同証による 今期営業利益予想(前期比7.6%増の135億円)と投資判断「アウト パフォーム」をそれぞれ継続した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE