ウェーバー氏:独連銀辞任へ、ECB総裁レース離脱

ドイツ連邦銀行(中央銀行)のウェ ーバー総裁は、年内に辞任する計画だ。9日に同総裁と話をした関係 者が明らかにした。欧州中央銀行(ECB)の次期総裁レースから離 脱することになる。

関係者は匿名を条件に、ウェーバー総裁が2012年4月の任期満了 よりも約1年早く退任する見込みだと述べた。ウェーバー氏はこの計 画について、ドイツのメルケル首相と9日に話し合ったという。

欧州連合(EU)の首脳らはトリシェ現ECB総裁の任期が満了 する今年10月31日までに次期総裁を指名する必要がある。ウェーバ ー氏は最有力候補とみられていた。

ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループのエコノミ スト、ニック・マシューズ氏は「ECBの総裁後任レースを一撃で白 紙に戻した形だ。こうならなければ必ずしも名前が挙がらなかったよ うな代替候補が数多く浮上するのは確実だ」とした上で、「現時点で は、依然としてドイツからの候補が後任となる可能性が他の候補より 高い」との見方を示した。

ロイター通信はこの日、ウェーバー氏がECB次期総裁レースか ら離脱すると先に報じた。報道は一時ユーロをドルに対して0.5セン ト下落させた。また、独紙ビルトは政府と連銀の複数の当局者の話を 基に、メルケル首相の首席経済顧問、イエンス・ワイドマン氏が独連 銀総裁の後任候補だと報じた。連銀の報道官はコメントを控えた。

代替候補

ウェーバー総裁は10日にウィーンで講演する。今後の計画につ いての質問が集中するとみられる。ドイツのDPA通信は9日、ウェ ーバー氏がドイツ銀行に加わる可能性があると報じた。また、ウェー バー氏は1月14日にECBと米連邦準備制度理事会(FRB)の違 いを尋ねられた際「学者に戻ったときに答えよう」と述べており、学 界に戻ることもあり得る。

エコノミストらは既に、ウェーバー氏に代わるECB次期総裁候 補を取り沙汰し始めている。イタリア中銀のドラギ総裁、フィンラン ド中銀のリイカネン総裁、ルクセンブルク中銀のメルシュ総裁、オラ ンダ中銀のウェリンク総裁、欧州の救済基金である欧州金融安定ファ シリティー(EFSF)のクラウス・レグリング最高経営責任者(C EO)らの名前が挙がる。

一方で、ウェーバー氏はECB次期総裁候補として自身を明確に 指名するよう、メルケル首相に圧力を掛けている可能性もあるとウェ ストLBの主任欧州エコノミスト、ホルガー・ザンテ氏は述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE