エジプト:副大統領の限定的な譲歩にデモ参加者は反発-米政府も批判

政情不安が続くエジプトのスレイマ ン副大統領は、同国が政権交代に伴う「無秩序」を避けられる唯一の 道は、自身が野党勢力と開始した協議だと主張した。政府が譲歩を限 定的なものにとどめていることで、デモ参加者や米オバマ政権の批判 を招いている。

エジプト国営の中東通信(MENA)によると、スレイマン副大 統領は8日、同国メディアの編集責任者らに対し、「政権転覆は無秩序 につながり、国家は先行きの見えない状態に陥ることから、それはな いだろう」と述べた上で、ムスリム同胞団などと今週開始した協議が 「国の安定を取り戻し、現在の危機を平和的に脱する第一の方法だ」 とした。

オバマ政権は、スレイマン副大統領の対応が遅過ぎるとのデモ参 加者の批判を支持する姿勢を示した。ホワイトハウスのギブズ報道官 は9日の定例会見で、エジプト政府は国民の要求の「最低の基準」を まだ満たしていないと発言。エジプト当局が権力移行に向けて「即時 かつ後戻りできない進展」を果たし、野党との交渉の範囲を拡大する 必要があると指摘した。

8日にカイロのタハリール広場に集結したデモ参加者は数万人に 達したが、9日には減少した。11日には再び大規模なデモが予定され ている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE