ドイツ取引所、NYSEユーロネクスト買収で協議中

ドイツ最大の証券取引所運営会社、 ドイツ取引所は、ニューヨーク証券取引所(NYSE)などを運営す るNYSEユーロネクストの買収に向け、話し合いが進展した段階に ある。全額株式交換による買収計画が実現すれば、世界最大の証券取 引所が誕生する。この日は、ロンドン証券取引所グループ(LSE) が、トロント証券取引所を所有するカナダのTMXグループ買収で合 意しており、世界の証取再編が加速している。

ブルームバーグの集計データによると、統合が実現した場合、運 営する証取の上場会社の時価総額は約15兆ドル(約1240兆円)と、 世界の株式市場全体の28%を占める。NYSEとドイツ取引所の9日 の発表によると、NYSEユーロネクストのダンカン・ニーダーアウ アー最高経営責任者(CEO)が統合後の会社のCEOに、ドイツ取 引所のレト・フランシオニCEOは会長に就任する計画。統合会社へ のドイツ取引所の出資比率は約59-60%になるという。

今回の買収が実現した場合、株式やデリバティブ(金融派生商品) の取引プラットフォームが米国、ドイツからフランス、オランダ、ポ ルトガルに至るまで統合されることになる。ブルームバーグが集計し たデータによると、2000年以降、NYSEグループによるユーロネク ストの買収やナスダック・ストック・マーケットによるOMX買収を 含め、完了した世界の取引所運営会社の買収総額は少なくとも958億 ドルに上る。

来週合意発表の可能性も

豪マッコーリー・グループのアナリスト、エド・ディトマイア氏 (ニューヨーク在勤)は、「各社は06、07年に行われた一連の合併後 の事業統合と、金融危機がビジネスや規制に及ぼした影響により手い っぱいの状態だった」が、「この業界が発展する上で、買収が再び重要 な位置を占めつつある」と分析した。

事情に詳しい関係者1人によると、ドイツ取引所とNYSEユー ロネクストの取締役会は、合併に関する投票を行うため数日中に会合 を開く計画。交渉が非公開であることを理由に2人の関係者が匿名で 明らかにしたところによれば、NYSEへの買収提示額は、同社の価 値を8日の株価終値である33.41ドルを約10%上回る水準と評価して いる。また1人の関係者は、来週の早い時期に合意が発表される可能 性があると述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE