香港株(終了):ハンセン指数、年初来安値に下落-中国の利上げで

香港株式相場は下落し、指標のハ ンセン指数は年初来安値に落ち込んだ。インフレ抑制を狙った中国 の利上げを受けて不動産株と資源株が売られた。

中国政府系の不動産開発会社、チャイナ・リソーシズランド(華 潤置地、1109 HK)と、収入の約16%を中国本土で稼ぐ恒隆地産 (ハンルン・プロパティーズ、101 HK)はともに3.5%を超える 下げ。中国南部、広東省で不動産開発に従事する雅居楽地産(アジ ャイル・プロパティ・ホールディングス、3383 HK)も下落した。

海洋油田開発で中国最大手、中国海洋石油(CNOOC、883 HK) と、国内最大の産銅会社、江西銅業(358 HK)も安い。中国政府が インフレ対策を強化するのに伴い、資源需要が低下するとの観測が 背景。

海通国際アセット・マネジメントのファンドマネジャー、ダニ ー・ヤン氏(香港在勤)は「中国は商品相場の安定と資産バブル阻 止を目指しており、追加利上げがあることは確実だ」と指摘。その 上で、「株価にとってはマイナスだが、大きく下げることはないだろ う。中国が経済を軟着陸させられると確信している」と付け加えた。

ハンセン指数は前日比320.27ポイント(1.4%)安の

23164.03と、昨年12月31日以来の安値で終了。ハンセン中国企 業株(H株)指数は同2%安の12278.60。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE