日韓携帯大手:「おサイフケータイ」を両国で-相互利用に向けて協力

日本と韓国の携帯電話大手が9日、 電子マネーの「おサイフケータイ」やプリペイド乗車券に使われている 非接触型IC技術「NFC」サービスの相互利用に向けて協力すると発 表した。同サービスが韓国でも普及している点が背景。

組み合わせは①国内最大手NTTドコモと韓国最大の通信会社KT ②国内通信2位KDDI、同3位ソフトバンクと韓国の携帯首位SKテ レコム-の2陣営。

ドコモ・KTは2012年末に両国で、米グーグルの基本ソフト「ア ンドロイド」搭載の端末でNFCサービスを共用可能にする方針。KD DIとSKテレコムなどは共用サービス実施に向けた実証実験を今年2 月に開始。実験にはクレディセゾンや大日本印刷なども参加する。

ドコモ広報担当の美濃部直子氏は提携の理由として「韓国でも日本 同様、NFCサービスが浸透している」ほか、ドコモがKTに出資して いる点を挙げた。

調査会社IEリサーチの統計によるとNFCによる携帯端末での決 済サービス利用額は、14年には世界全体で1兆1300億ドル(約93兆 円)に達する見込み。

1月にはグーグルがNFC技術を活用した決済・広告サービスを検 討中であることが関係者の話で明らかになっている。また、コンサルテ ィング会社エンビジョニアリング・グループのアナリスト、リチャー ド・ドハーティ氏も同月、米アップルがNFC技術による決済機能を端 末の「iPhone」や「iPad」に搭載する計画だと語っていた。

--取材協力 Jun Yang Editor:Tetsuzo Ushiroyama, Tetsuki Murotani

参考画面: 記事についての記者への問い合わせ先: 東京 駅義則 Yoshinori Eki +81-3-3201-3422 yeki@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Young-Sam Cho +81-3-3201-3882 ycho2@bloomberg.net

Naoko Minobe

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE