菅首相:自民の解散要求拒否、八百長相撲は取れぬと谷垣氏-党首討論

菅直人首相は9日午後、国会で自民 党の谷垣禎一総裁、公明党の山口那津男代表と昨年6月の首相就任後 初めての党首討論を行った。谷垣氏は早期の衆院解散を求めたが、首 相は拒否した。

谷垣氏は、菅政権が重要課題に掲げる社会保障・税一体改革に伴 う消費税増税について「民主党のマニフェスト(政権公約)は消費税を やらないという前提だった。そのままやればマニフェスト違反だ」と 指摘。

その上で、「そういう八百長相撲を『カド番になったから一緒に取 ってくれ』みたいな話には乗れない。まずは消費税率を引き上げると いう新しいマニフェストを作って国民の声を聞くことが必要だ」と早 期の衆院解散を求めた。

これに対し首相は「解散するということはその後の政局がどうな るかはだれにも分からない。『まず解散だ』というのは国民の利益より も党の利益を優先している提案だ」と反論した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE