イングランド銀には女性の政策決定委委員が必要-議員らが指摘

イングランド銀行(英中央銀行)金 融政策委員会(MPC)のアンドルー・センタンス委員の後任に女性 を選ぶべきだとの声が英議員の間に広がっている。

与党自由民主党所属のロアリー・バート議員は電話インタビュー で、「MPCに女性がいないことは、厳しい決定は男性が決めるべきだ というような間違ったメッセージを発することになる」と述べた。企 業における女性の立場に関する議会委員会の委員長を務める同議員は、 「それが正しいメッセージとは思わない」と続けた。

8カ月余り前にケイト・バーカー氏がMPC委員を退任後、イン グランド銀は政策決定委員会に女性が参加していない唯一の主要中銀 となっている。財務省が来週からセンテンス委員の後任候補との面談 を開始するに当たり、同省がこうした性別の不均衡を改善するよう取 り組む可能性があるとの憶測が強まっている。

英国の人権・機会均等について監視する英平等・人権委員会のト レバー・フィリップス委員長も、「MPCのメンバーが全員男性だとい うのはやや奇妙だ。妥当な結果に見えるかと問われれば、答えは恐ら くノーだ」と話した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE