NZ財務相、2010年にリセッションに陥った「可能性」-NZドル下落

【記者:Tracy Withers】

2月9日(ブルームバーグ):ニュージーランド(NZ)のイン グリッシュ財務相は9日、2010年10-12月(第4四半期)に同国 がマイナス成長に陥り、2年ぶりにリセッション(景気後退)入り した可能性があるとの見解を示した。発言を受け、NZドルは下落 した。

イングリッシュ財務相はウェリントンで、「NZ経済が横ばいで 推移し、市民の貯蓄や債務返済ペースが予想を上回っていたため」、 マイナス成長となった「可能性はある」と指摘。「市民が急いで消費 や住宅購入を再開する状況ではない」とも語った。

NZ準備銀行(中央銀行)のボラード総裁は10年半ばに2回利 上げした後、景気の「力強さが増す」ように7カ月にわたって政策 金利を据え置いている。NZでは9月の地震で7-9月(第3四半 期)の経済成長がマイナスとなったほか、住宅値下がりや第4四半 期の雇用低迷が消費者心理の重しとなった。

ウェリントン時間午後4時10分(日本時間同零時10分)現在、 NZドルは1NZドル=0.7718米ドルに下落。前日は0.7751米ド ルだった。年初来で約1.1%安と、パフォーマンスはブルームバー グが調査する主要16通貨中、4番目に低い。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE