中国:金利スワップレート、08年12月以来の大幅上昇(Update1)

中国の金利スワップレートは9日、 2年ぶりの大幅上昇となった。中国人民銀行(中央銀行)がインフレ 抑制に向け、昨年10月中旬以降で3度目の利上げに踏み切ったこと に反応した。

1年物金利スワップレートは上海時間午後零時11分(日本時間 同1時11分)現在、今月1日に比べ22ベーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)上昇の3.87%と、2008年12月以来最も大きな上 昇幅となった。上海にある銀行間資金の取引センター、NIFCによ れば、対象となる7日物レポ金利は春節(旧正月)の連休に入る前の 水準から77bp上昇の4.07%。

クレディ・アグリコルCIBのグローバル通貨戦略責任者、ミツ ル・コテチャ氏(香港在勤)は「1-6月(上期)中に少なくともあ と2回利上げの可能性がある」と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE