篠原副専務理事:G20ではSDRの役割について議論も(Update1)

篠原尚之国際通貨基金(IMF) 副専務理事は9日午前、都内で講演後記者団に対し、今月パリで開か れる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議では、「国際通 貨制度の議論の中でSDR(IMF特別引き出し権)の役割について の議論もあるだろう」と述べた。

篠原副専務理事は「G20で国際通貨制度が秋の首脳会合に向けた アジェンダの1つになる」と指摘した。

またSDRの構成通貨の基準ついて、①通貨保有国のグローバル な輸出のシェアがあるかどうか②その国の通貨が広く利用可能かどう か-の2点を挙げた。その上で、「中国人民元は輸出市場におけるシェ アは上がっており、基準は満たすが、現在の状況では広く使われてい るという認識にはまだ至らないということで各国一致している」と語 った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE