篠原副専務理事:日本の財政は中期的に持続可能でない(Update1)

篠原尚之国際通貨基金(IMF) 副専務理事は9日午前、都内で講演後記者団に対し、日本の財政につ いて、中長期的には持続可能ではないとし、今の財政の状況を放って おくと将来に禍根を残すと指摘した。その上で、中期的な財政再建の 道筋を具体的な形で示すべきだと語った。

篠原副専務理事は同時に、「今の財政赤字が直ちに市場からアタッ クされるとは認識していない」として、「直ちに重大な問題が起こると は思っていない」と述べた。

副専務理事は最近の日本の長期金利について「そんなに上がって いるという印象はない」との見方を示した。

為替相場については、「この1年間くらい、ある程度円高があり、 それが日本の輸出にある程度影響があったことは事実だが、今の円レ ートの水準は中期的なファンダメンタルズ(基礎的諸条件)のレンジ の中にあるとの従来の立場は変わっていない」との見解を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE