NY原油先物時間外:上昇、8日ぶり安値から反発-API在庫減で

ニューヨーク原油先物相場は9日 の時間外取引で上昇。8営業日ぶりの安値から反発している。米石油 協会(API)が発表した先週の原油在庫が5週間ぶりに減少したこ とを好感した。

原油先物は最大0.8%高となった。APIが発表した先週の原油 在庫は55万8000バレル減り3億4590万バレルとなった。ブルーム バーグ・ニュースがまとめたアナリスト調査によると、米エネルギー 省が9日発表する先週の原油在庫は200万バレル増加が予想されてい る。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物3月限は一時、 69セント高の1バレル=87.63ドルを付けた。シンガポール時間午後 4時2分(日本時間同5時2分)現在、87.40ドルで推移している。 前日の通常取引は54セント(0.6%)安の86.94ドルで引け、終値 として1月27日以来の安値となっていた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE