米大手銀は格付け維持の公算、住宅ローン債権買い戻しでも-S&P

米銀バンク・オブ・アメリカ(B OA)やJPモルガン・チェースなど米大手銀行は、問題のある住宅 ローン債権を買い戻すコストによる格下げを恐らく回避できるとの見 通しを米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が明 らかにした。

S&Pのスチュアート・プレッサー氏ら信用アナリストは8日の リポートで、米住宅金融大手6行は、政府支援機関(GSE)のファ ニーメイ(連邦住宅抵当金庫)とフレディマック(連邦住宅貸付抵当 公社)からローン債権を買い戻す費用の大半を既に計上しており、他 の買い戻し要求についても「長期的」には解決する見通しだと分析し た。

プレッサー氏は、大手銀の2010年税引き前利益と、11年は一段 の増益となるとの当社の見通しに基づき、買い戻し請求対応などの費 用は容易に補えるはずだと指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE