米JPモルガン:原油価格、政情不安が沈静化すれば「顕著な修正」へ

米JPモルガン・チェースは、北 アフリカや中東で政情不安が緊迫化しないと原油価格が今週、下落する 可能性があるため、既存の買い持ち高を売却することを検討すべきだと の見方を示した。

エジプトの政情不安が中東の供給を中断させ、地域の情勢を不安定 化させる懸念が強まり、ニューヨーク市場の原油先物は1月31日、 2008年10月以来の高値に上昇したほか、ロンドン市場の北海ブレン ト原油は1バレル=100ドルを超える水準で取引された。

JPモルガン・チェースは7日のリポートで、デモ行動が落ち着く ことは相場に「顕著な修正」があることを意味するとの見方を示した。 米商品先物取引委員会(CFTC)によると、ヘッジファンドの原油の 買い越しは過去8週間で最大の増加を示した。

ローレンス・イーグルス氏(ニューヨーク在勤)率いるアナリスト らはリポートで「新たに情勢が緊迫化することがなく、政治的な進展が あると認識されれば、今週の原油は下げ相場になるだろう」と述べた。

7日までの5営業日で原油価格は5%下落した。エジプトではムバ ラク大統領の退陣を求めるデモ行動が沈静化し、政府は反政府派の指導 者たちと協議を行った。

CFTCによると、原油相場上昇を見込むヘッジファンドなど大口 投機家の買い越しは1日終了週に17%増加した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE