米国株リターンは予想上回る公算大、経済成長の効果で-UBS

【記者:Tom Keene、Elizabeth Stanton】

2月8日(ブルームバーグ):米国株のリターンは投資家の認識よ り経済成長に左右される度合いが大きいため、予想を上回る可能性が 高いとの見方を、UBSセキュリティーズの米市場担当チーフストラ テジスト、ジョナサン・ゴラブ氏が示した。

ゴラブ氏は、米経済成長率の伸びは利益に対して「大きな乗数効 果」があると指摘した。同氏は7日、経済指標の改善に基づきS&P 500種株価指数の年末予想を100ポイント引き上げ1425としている。

ゴラブ氏はブルームバーグラジオの番組「ブルームバーグ・サー ベイランス」でトム・キーン司会者のインタビューに答え、ハイテク や工業に携わる企業に加え、国民の裁量支出に頼る消費関連企業の売 上高は経済成長と相関関係があるとし、「景気が少し上向いただけでも、 売り上げは3-4倍拡大し、利益に至ってはもっと拡大する」と指摘。 経済指標が予想を上回った際に、「それが企業収益に及ぼす効果の大き さを投資家は過小評価しがちだ」と説明した。

同氏は、景気回復に伴い、株価上昇は市況産業がけん引する公算 が大きいと説明した。一方、公益事業や通信、生活必需品といった景 気との関係が比較的弱い産業は市況産業に後れを取ると予想した。

ブルームバーグがまとめたストラテジスト12人の予想平均では、 S&P500種の年末時点の予想は1392。同指数は8日、1324.57で終了 している。

さらに同氏は、商品価格上昇は生活必需品を扱う企業の収益率を 圧迫することもあり得るが、景気にとっては強気の兆しだと説明。商 品高は「システムの根本的な健全性の表れだ」として、これまで商品 価格が急上昇した際には「概して市場全体は好調だった」と語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE