アイルランド財務省:銀行への資金注入、総選挙後まで延期

アイルランド政府はアライド・アイ リッシュ銀行とアイルランド銀行、EBSビルディング・ソサエティー への資金注入を25日の総選挙後まで延期すると明らかにした。

9日のアイルランド財務省発表によると、同国は、「この問題は次 期政権が対処するべきだ」として、欧州連合(EU)の行政執行機関で ある欧州委員会と国際通貨基金(IMF)、欧州中央銀行(ECB)に 延期について通知した。

発表文では、この3行は「十分な資本を有しており、今回の短期的 な延期で規制監督または安定性に関する問題が発生することはない」と している。

アイルランドは昨年11月の850億ユーロ(約9兆6000億円) の救済合意に基づき、財務体質の指標であるコアTier1比率を少な くとも12%に引き上げるため、2月末までに同3行に資金注入するこ とで同意した。救済はEUとIMF主導で実施された。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE