中国が0.25ポイント利上げ-「引き締め加速」予想の声も

中国人民銀行(中央銀行)は昨年10 月中旬以降で3回目となる政策金利引き上げを8日に発表した。2年半 ぶり水準に加速したとみられる1月のインフレ率発表を前に、追加利上 げを決めた。

人民銀がウェブサイトに掲載した発表資料によると、指標の1年物 貸出基準金利は6.06%と、現行の5.81%から引き上げられる。9日か ら実施する。1年物預金金利も3.00%と2.75%から引き上げる。

発表を受けて原油と銅が下落し、新興市場株は下げ幅を広げた。物 価上昇抑制の取り組みが中国の成長を減速させると懸念されている。ア ジアではインドやインドネシア、タイ、韓国も景気過熱を警戒し利上げ に動いている。

クレディ・アグリコルCIBのエコノミスト、ダリウス・コワルツ ィク氏(香港在勤)は「世界の市場は頻繁な利上げを中国の成長鈍化が 避けられないことを示すものと受け止め始めるかもしれない」が、「最 終的には、成長の勢いの堅固さが利上げを可能にしていると理解され、 力強さの兆候だと解釈されるだろう」と述べた。

人民銀は1週間にわたる春節(旧正月)の連休の最終日に利上げを 発表した。来週発表される1月のインフレ率はブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミスト調査の中央値で5.3%と予想されている。

引き締め加速か

BNPパリバの北京在勤エコノミスト、アイザック・メン氏は、 「引き締め加速」で政策金利が最大でさらに1.5ポイント引き上げられ ると予想した。金融危機前の1年物貸出金利は7.47%だった。この日 発表された利上げ後の金利をまだ1.41ポイント上回る。

昨年12月のインフレ率は4.6%だった。通貨供給量が2年で50% 以上拡大したことに加え、穀物収穫を脅かす干ばつや新年の融資拡大が インフレリスクを高めている。昨年10-12月の成長率は年率9.8%。

政府は利上げと預金準備率の引き上げのほか、食糧備蓄の放出や低 所得層への補助金、投機や買い占めの取り締まりなどの対策を取ってい る。

長期金利の引き上げ幅は、預金金利が貸出金利を上回った。5年物 預金の金利は0.45ポイント上昇する。

キャピタル・エコノミクスのロンドン在勤エコノミスト、マーク・ ウィリアムズ氏は、「国民が貯蓄を株や不動産投資に回さず預金するよ うに促すことが目的だ」と解説した。

「取り組み不十分」

金融危機以降の回復局面での利上げは中国が0.75ポイントと、イ ンドの1.75ポイントを下回る。これまでに0.75ポイント利上げして いる韓国は今週に金融政策決定会合を控えている。

モルガン・スタンレー・アジアのスティーブン・ローチ会長は7 日、中国などのアジア諸国の物価上昇に対する取り組みが不十分との見 方を示した。中国はこれまでインフレ対策で慎重なアプローチをしてき たが、「政策の組み合わせをより決定的に、利上げ中心にシフトする必 要がある」と指摘。高成長が政府に「短期的なリスクを取ることを可能 にしている」と分析している。

スターバックスやマクドナルドなどの企業が値上げに動く中で、中 国の消費者のインフレへ懸念はここ10年で最悪となっていることが、 昨年12月に公表された人民銀の調査結果に示されていた。中国中央テ レビ局(CCTV)が昨年12月に報じたところによると、政府は2011 年通年のインフレ率を4%とすることを目指している。

中国の銀行は昨年、7兆9500億元(約99兆円)の融資を実行。 政府目標の7兆5000億元を上回った。ブルームバーグ・ニュースがま とめたアナリスト予想中央値では、今年1月の新規融資は1兆2000億 元とされている。

--Li Yanping, Kevin Hamlin, Marco Lui, Shamim Adam . Editors: Paul Panckhurst, Josh Fellman.

--* 参考画面: 翻訳記事に関する翻訳者への問い合わせ先: アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544akinoshita2@bloomberg.net Editor:Akiko Nishimae、Fumihiko Kasahara 東京 渡辺漢太 Kanta Watanabe +81-3-3201-7113 kwatanabe22@bloomberg.net

Editor: Akiyo Kinoshita, Fumihiko Kasahara アムステルダム 木下 晶代 Akiyo Kinoshita +31-20-589-8544 akinoshita2@bloomberg.net 記事に関する記者への問い合わせ先: Li Yanping in Beijing at +86-10-6649-7568 or yli16@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: Paul Panckhurst in Hong Kong at +852-2977-6603 or ppanckhurst@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE