香港株(終了):ハンセン指数、続落-中国海外発展など不動産株安い

香港株式市場で、ハンセン指数は 続落。中国が不動産価格上昇を抑えるため一段の行動に出る可能性があ るとの懸念が続く中、不動産株を中心に値下がりした。

中国建設省傘下の中国海外発展(688 HK)は2.6%安。時価総額 で香港最大の不動産開発会社、サンフンカイ・プロパティーズ(新鴻基 地産発展、16 HK)と同2位のチョンコン・ホールディングス(長江実 業集団、1 HK)も下落。高精密銅板メーカーの興業銅業(505 HK)は 20%近く値を下げた。2010年通期は減益だったもようとの発表が嫌気 された。

中国2位の携帯電話サービス会社、チャイナ・ユニコム(中国聯 通、762 HK)は4.7%高。クレディ・スイス・グループが目標株価を 引き上げたことが寄与した。

UOBケイ・ヒアンの法人セールスディレクター、梁偉源氏は 「中国には依然として利上げや不動産をめぐる政策リスクが存在する」 と指摘。「そうした変更を前にして、行動に出たいと考える人は誰もい ない」と述べた。

ハンセン指数は前日比69.29ポイント(0.3%)安の23484.30で 終了。一時は0.3%高まで上昇していた。ハンセン中国企業株(H株) 指数は同0.6%高の12526.26。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE