今日の国内市況:株3日続伸、債券続落-ドル・円は82円前半で小動き

東京株式相場は、小幅ながら3日続 伸。経済統計を受け景気の先行きに安心感が広がったほか、国内外で M&A(企業の合併・買収)の動きが相次いでおり、業界再編などを 期待する動きが株価を押し上げた。東証1部33業種の値上がり率上位 は保険や銀行、情報・通信、非鉄金属、不動産など。

TOPIXの終値は前日比3.57ポイント(0.4%)高の944.00、 日経平均株価は同43円94銭(0.4%)高の1万635円98銭。両指数 とも連日でことしの高値を更新した。一方、日経平均の日中値幅は25 円と、ブルームバーグ・データを使って見ると1986年2月10日以来、 およそ25年ぶりの狭さ。

米連邦準備制度理事会(FRB)が7日発表した昨年12月の消費 者信用残高は、前月比で61億ドル増と3カ月連続で増加した。エコノ ミストの予想中央値は24億ドルの増加だった。年末商戦の改善を背景 に、クレジットカードなどの回転信用は23億2000万ドル増え、2008 年8月以来、初のプラスに転じた。

また、きょう午後に内閣府から発表された日本の1月の景気ウオ ッチャー調査では、先行き判断DIが47.2と前月から3.3ポイント上 昇。家計動向、企業動向、雇用関連それぞれが改善を見せていた。

一方、産業機器メーカーの米ダナハーは7日、米臨床診断システ ムメーカーのベックマン・コールターを買収することで合意。このほ か、海洋掘削請負会社の英エンスコ・インターナショナルは、同業の プライド・インターナショナルを買収することで合意している。

東証業種別指数の値上がり率上位には非鉄金属が入った。また、 きょう上昇した保険、銀行、証券株については、東証業種別指数の前 日までの年初来上昇率を見ると、保険2.1%、銀行2.9%、証券・商品 先物取引1.6%と、いずれもTOPIXの4.6%を下回っており、出遅 れ業種に買いが入った様子もうかがえる。

債券続落

債券相場は続落。米国株相場が続伸していることへの警戒感が強 いほか、40年利付国債の入札結果が予想対比で弱めだったことから売 りが膨らんだ。利回り1.3%付近の買い需要に支えられていた10年債 も午後には売りが優勢となった。

東京先物市場の中心限月の3月物は前日比1銭安い138円99銭で 始まり、いったんは10銭高の139円10銭まで上昇したが、その後は 小幅マイナス圏でのもみ合いが続いた。40年債の入札結果発表後には じり安となって、一時は昨年12月16日以来の安値圏となる138円74 銭まで下落。結局は24銭安の138円76銭で終了した。

現物市場で長期金利の指標とされる新発10年物の312回債利回り は、前日比1.5bp低い1.28%で始まった。その後しばらくは1.285-

1.29%でのもみ合いが続いたが、午後に入ると売り込まれて水準を切 り上げ、きのうに続いて9カ月ぶりの高い水準を更新。午後3時前後 には昨年5月12日以来の高水準となる1.315%に上昇した。

もっとも、10年債には投資家の潜在需要が根強く、中期や超長期 ゾーン対比では相対的にしっかり。

この日に実施された40年債入札はやや低調な結果が示された。最 近の金利上昇や利回り曲線上での割安推移もあって、無難な結果を予 想する見方も出ていた。

40年物の3回債(2月発行)の入札結果によると、最高落札利回 りは2.24%(発行価格は98円96銭)となり、市場の事前予想の2.22% を上回った。応札倍率は前回の4.15倍から2.06倍に低下して、2007 年に40年債入札が始まって以降で最低となった。

ドルと円が対ユーロで下落、ドル・円は値幅16銭

東京外国為替市場では、ドルと円がユーロに対して下落した。内 外の株価堅調を背景に投資家のリスク回避姿勢が緩和し、ドルと円に 売り圧力がかかった。

ユーロ・ドル相場は午後の取引で一時1ユーロ=1.3647ドルと、 2営業日ぶりの水準までドル安が進行。ユーロ・円相場も一時1ユー ロ=112円22銭と、前日のニューヨーク時間午後遅くに付けた111円 82銭から円が水準を切り下げている。

一方、ドル・円相場は、午後の取引で一時1ドル=82円21銭ま でドルが水準を切り下げたが、下値は限定的で、午前に付けた82円 37銭をドルの上値に値幅は16銭にとどまった。

7日の米株式相場はダウ工業株30種平均が6営業日続伸し、年初 来高値を更新。欧州株式相場も5営業日続伸した。この日の東京株式 相場は、日経平均株価が小幅な値動きに終始したものの、プラス圏を 維持して取引を終えている。

1月の米失業率が9%に改善したことで、景気回復への期待感が 強まる中、10日には5日までの1週間の新規失業保険申請件数が発表 される。ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場予想では、41万件 が予想されており、前週の41万5000件から減少する見通し。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE