ウィキリークス創設者、スウェーデンへ引き渡しなら非公開の裁判へ

内部告発サイト「ウィキリークス」 の創設者、ジュリアン・アサンジ容疑者の身柄がスウェーデンに引き 渡されれば、性的暴行の罪で裁判が非公開で進むことになると、同容 疑者の弁護士が英国の裁判所で主張した。

ジェフリー・ロバートソン弁護士はロンドンの裁判所判事に対し、 スウェーデンでは一般的にレイプ事件をめぐる裁判は非公開で行われ、 そうなればアサンジ容疑者の「正義」を主張する権利が踏みにじられ ると述べた。スウェーデンでは同容疑者に批判的な「メディアキャン ペーン」が展開されているとも指摘した。

同弁護士は、「スウェーデンでの裁判となれば非公開となる公算が 大きい。報道陣と一般人が裁判所から締め出されれば、公平な裁判は 不可能だ」と語った。

米軍事・外交の機密文書をウェブサイト上で大量に公開したこと でウィキリークスは強い非難を浴びた。一方、スウェーデン女性2人 が昨年8月にアサンジ容疑者から性的暴行を受けたと主張している。 アサンジ容疑者の弁護団は身柄引き渡しの阻止を目指しており、この 訴訟は政治的な動機で起こされた可能性があると主張している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE