自見金融相:長期金利の動向を注視「銀行の経営、財務に影響与える」

自見庄三郎金融・郵政担当相は8日 午前の閣議後会見で、日本の長期金利上昇について「国債価格下落を通 じて銀行経営、財務に影響を与える。今後も金利動向に注意していく」 と述べた。金融庁は銀行へのヒアリングなどを通じてリスクの把握に努 めているという。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE