経財相:1.3%の長期金利は世界的にみて低い水準-会見

与謝野馨経済財政担当相は8日午前 の閣議後会見で、1.3%前後の国内長期金利は世界的にみても低い水準 だとの見方を示した。経財相は、半年ぐらい前には0.8%か0.9%だっ た金利が、今1.3%前後まできているとした上で、「多少上がっている ように見えるが、何か考えないといけないということを示している数 字ではない」と述べた。

一方、景気については、自身と日本銀行の白川方明総裁との景気 認識は同じだとした上で、一部に散見される、日銀が金融政策を駆使 すれば、まだ景気が良くなるとの意見は、当たっていないと述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE