ECB総裁:欧州のシステミックリスク、新設理事会が四半期毎に検討

欧州中央銀行(ECB)のトリシェ 総裁は7日、欧州連合(EU)内のシステミックリスクについて、新 設の欧州システミックリスク理事会(ESRB)が四半期ごとに同リ スクを検討すると述べた。

ESRBの議長を務めるトリシェ総裁は欧州議会の委員会審議で、 「ESRBの理事らは、EU金融システムのシステミックリスクを毎 四半期検討することで合意した」と発言した。同理事会ではまた、「同 程度に将来のリスクとなり得ることから、金融の安定にとって重要で ある長期的構造の問題についても検討する可能性がある」と付け加え た。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE