英国債:2年債下落、利回り2年ぶり高水準-物価上昇で利上げ観測

英国債市場では2年債が下落、同 利回りは2年ぶり高水準を付けた。目標を上回るインフレ率で、イン グランド銀行(英中銀)が年内に利上げを余儀なくされるとの観測が 広がった。

ブルームバーグ・ニュースのエコノミスト調査によると、キング 総裁率いる金融政策委員会(MPC)は10日の会合で政策金利を過去 最低の0.5%に据え置くと、回答者62人全員が予想している。イン フレ率は目標2%のほぼ2倍の水準にある。

バンク・オブ・ニューヨーク・メロンの為替ストラテジスト、ニ ール・メラー氏(ロンドン在勤)は、「今週の利上げはないとみてい るが、発言内容が重要だ。一部のMPCメンバーは、インフレを放置 することの影響について明らかに懸念を強めている」と語った。

2年債は続落。利回りは2009年2月以来の高水準となる

1.63%を付けた後、前週末比3ベーシスポイント(bp、1bp=

0.01%)上昇の1.55%となった。同国債(表面利率4.5%、2013 年3月償還)価格は0.07ポイント下げ106.005。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE