オランダ財務相:ウェリンク氏のECB総裁就任の公算小さい

オランダのデヤーヘル財務相は7 日、同国中央銀行のウェリンク総裁が、欧州中央銀行(ECB)のト リシェ総裁の後任となる公算は小さいとの見解を示した。

デヤーヘル財務相はラジオ局BNRに対し、ウェリンク総裁は 「優れた仕事をすることができるだろう」と述べた上で、「オランダ は既にECB総裁2人のうちの1人を輩出している。そのためオラン ダが他国から第一の候補として指名される可能性は恐らくないだろ う」と語った。

オランダの財務相や中銀総裁を歴任した故ドイセンベルク氏が、 1998年から2003年までECBの初代総裁を務めた。ウェリンク総裁 は今年7月、トリシェ総裁は10月にそれぞれの任期が満了となる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE