今日の国内市況:株式続伸、長期金利も上昇-ドル高一服でユーロ反発

東京株式相場は続伸。米国で失業率 が市場予想に反し低下し、米景気の回復期待が広がったほか、為替の やや円安方向への動きも好材料視された。収益の先行き警戒感の後退 で精密機器や機械、電機など輸出関連株が上昇。景気動向に敏感な業 種が総じて買われ、海運や非鉄金属、小売、銀行なども高い。

TOPIXの終値は前週末比5.07ポイント(0.5%)高の940.43、 日経平均株価は同48円52銭(0.5%)高の1万592円4銭。両指数と も終値ベースで昨年5月13日以来、9カ月ぶり高値を付けた。

米労働省が4日に発表した1月の雇用統計によると、失業率は 9%と2カ月連続で低下し、2009年4月以来、1年9カ月ぶりの低水 準となった。エコノミスト予想の平均は9.5%と、前月(9.4%)から の上昇が見込まれていた。一方、非農業部門の雇用者数は前月比3万 6000人増加と、エコノミストの予想中央値(14.6万人増)を大きく下 回った。大雪など悪天候のため、就業不能となった雇用者が88万6000 人に膨らんだため。

米雇用市場は改善に向かうとの見方から、米10年債利回りが9カ 月ぶり高水準に上昇したことでドル建て資産の魅力が高まり、4日の ニューヨーク外国為替市場ではドルが円に対し続伸した。この流れを 引き継ぎ、週明け7日の東京外国為替市場では、1ドル=82円台前半 と前週末の東京市場での水準に比べやや円安・ドル高方向で推移。

米景気の回復期待と為替採算の悪化懸念の後退で、トヨタ自動車 や日立製作所、東芝、ニコンなど輸出関連株が上昇。日立は2年3カ 月ぶりに500円を回復する場面があった。このほか、世界景気に敏感 な日本郵船や商船三井など海運株、DOWAホールディングスなど非 鉄金属株が堅調。ヤマダ電機など小売株、三菱UFJフィナンシャル・ グループなど銀行株も高い。

また、きょうの33業種の上昇率トップは海運株指数の1.5%高だ った。東証海運株指数の前週末までの年初来騰落率はマイナス1.4% と、33業種で最下位だった。

長期金利が一時9カ月ぶり1.3%乗せ

債券市場では長期金利が上昇。米国で雇用統計発表後に金利上昇 が加速したことから、午前には9カ月ぶりに1.3%台に乗せる場面が あった。もっとも、この水準では投資家からの買いが膨らみ、午後に 入ると上昇幅を縮める展開だった。

現物市場で長期金利の指標とされる新発10年物の312回債利回り は、前週末比2ベーシスポイント(bp)高い1.30%で開始。新発10 年債として昨年5月18日以来となる1.3%台を記録した。しかし、こ の水準では買いが優勢となって10時過ぎ以降は1.29-1.295%での推 移が続き、その後は1.29%で取引されている。

米国の長期金利が一段と上昇したことが朝方の国内債市場でも売 り材料となった。312回債利回りは前週初めに一時的に1.2%台を割り 込んだが、その後は景気回復を受けた米国の株高・債券安を手掛かり にじり高推移となった。4日には1.2%を挟む取引レンジから上方シ フトした上、その後さらに米金利の上昇が続くなど売り材料が目白押 しとなり、今週前半は1.3%の攻防を予想する見方が出ていた。

一方、新発10年債利回りが1.3%台に切り上がって、約9カ月ぶ りの水準まで上昇したことから、投資家が打診的に買いを入れるとの 見方は多い。この日の午前には投資家の買いをきっかけに金利上昇が 抑制されており、長期金利は日米ともテクニカル面から上方シフトし たが、10年債利回りの1.3%をターゲットに購入する投資家がいると の指摘もあった。

東京先物市場の中心限月の3月物は前週末比22銭安い138円84 銭で開始。直後には138円81銭まで売り込まれて、昨年12月16日以 来の安値を更新した。しかし、その後は138円90銭台を中心としたも み合いに終始しており、取引終盤には139円03銭まで下げ幅を縮小。 結局は6銭安の139円00銭で取引を終えた。

先物3月物は4日の日中取引で139円割れを記録しており、その 後さらに米国の長期金利が上昇幅を拡大させたことから、この日も取 引開始後に売りが先行した。ただ、10年債利回りが1.30%から上抜け なかったため、その後は下げ幅を縮めての推移となった。

ユーロ反発-ドル・円は82円前半

東京外国為替市場ではユーロが反発し、対ドルで1ユーロ=1.36 ドル台を回復した。米失業率の低下や米長期金利の上昇を手掛かりに ユーロ売り・ドル買いが進んだ前週末の反動が出た。ユーロは対円で も一時、1ユーロ=112円台を回復。一方、ドル・円相場は1ドル= 82円台前半で小幅な値動きに終始した。

ユーロ・ドル相場は前週末に1月24日以来の水準となる1.3544 ドルまでユーロ安・ドル高が進んだが、この日の東京市場では一時、

1.3624ドルまでユーロ高が進行。欧州中央銀行(ECB)のゴンサレ スパラモ理事は、スペイン紙ABCとのインタビューで、今年末まで にインフレ率が低下し始めなければ、金利が上昇する必要があるとの 認識を明らかにした。

ユーロ・円相場も111円台半ばから一時、112円06銭まで上昇。 その後は112円ちょうどをやや下回る水準でもみ合う展開となった。

前週末の米国市場では、1月の米雇用統計で悪天候の影響で非農 業部門の雇用者数が予想を大幅に下回る伸びとなったものの、失業率 が市場予想に反して低下したことを手掛かりに、10年債利回りが一時

3.66%と、昨年5月4日以来の水準まで上昇。外国為替市場ではドル 買いが優勢となった。

ドル・円相場は日米金利差の拡大を背景に一時、1週間ぶりとな る82円47銭までドル高・円安が進行。しかし、その後はドル高も一 服し、この日の東京市場では対ユーロでのドル売りと円売りに挟まれ、 82円16銭から82円31銭とわずか15銭の狭いレンジで取引された。

今週は米国で3年債320億ドル、10年債240億ドル、30年債160 億ドルの入札が実施される。また、9日には米連邦準備制度理事会(F RB)のバーナンキ議長が下院予算委員会で証言する。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE