インド:今年度GDP、8.6%増の公算-3年ぶり高成長

インド政府は、今年度(2010年4 月-11年3月)の国内経済が3年ぶりの高成長になるとの見通しを示 した。インド準備銀行(中央銀行)が追加利上げに踏み切る可能性を 裏付ける内容となった。

インド中央統計機構が7日発表した今年度の国内総生産(GDP) 予想は前年比8.6%増。ブルームバーグ・ニュースがまとめた市場関 係者16人の予想中央値と一致した。

準備銀のゴカーン副総裁は6日、エジプトでの政治的混乱を受け て原油価格が急騰した場合の影響の広がりに備えていることを示唆し た。インドは現在、消費需要の増大と食品価格上昇で高まったインフ レの抑制に取り組んでいる。シン首相は経済成長の勢い持続のため、 インフレへの対処は「喫緊の課題」との認識を4日に示している。

イエス銀行のチーフエコノミスト、シュバーダ・ラオ氏(ムンバ イ在勤)は統計発表前、「インフレのリスクは急激に高まっている」と 指摘。「来月の追加利上げが濃厚だ」と述べていた。

準備銀のスバラオ総裁はインフレ指標である卸売物価指数(WP I)について、3月末時点で前年同月比7%上昇になるとの見通しを 示している。従来予想は5.5%上昇だった。昨年12月は8.43%上昇だ った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE