豪州:12月の小売売上高、前月比0.2%増-市場予想を下回る

オーストラリアの昨年12月の小 売売上高は、伸び率がエコノミスト予想を下回った。衣類・履物へ の支出は増えたものの、百貨店での支出が減少した。

豪統計局の7日の発表によれば、12月の小売売上高は前月比

0.2%増。11月改定値は同0.4%増だった。ブルームバーグがまとめ たエコノミスト18人の予想中央値では同0.5%増が見込まれていた。

豪州では、エネルギーや鉱業分野の投資が活発で失業率は約 5%にとどまっているが、豪準備銀行(中央銀行)の一連の利上げ を受けて昨年7-9月(第3四半期)の成長は減速し、家計の貯蓄 率は上昇した。

衣類と履物への支出は2.7%増加。日用品への支出は1.5%増え た。百貨店での支出は1.2%減だった。

昨年10-12月(第4四半期)のインフレ調整後の小売売上高は、 前期比0.3%減で、エコノミスト予想中央値と一致した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE