サンリオ株が5年ぶり高値、ライセンス好調で業績増額-株主還元も

キャラクター商品の企画・販売が主 力のサンリオの株価が5営業日続伸。前日比4.6%高の2410円まで買 われ、2006年2月8日以来、約5年ぶりの高値を更新した。「ハロー キティ」などライセンス事業が国内外で順調に推移、4日付で今期 (2011年3月期)業績予想を増額修正した。優先株の消却や増配とい った株主還元策拡充もあり、買い安心感が広がっているようだ。

同社は連結営業利益予想を119億円から前期比39%増の129億円 に8.4%増額修正した。新興国の高成長に支えられて先進国の景気も少 しずつ回復、国内や欧州でライセンス事業が想定を上回ると見込んだ。

10年4-12月の連結営業利益は前年同期比86%増の114億円だっ た。地域別の営業益は、日本が同2.3倍の63億円、欧州が同50%増の 38億円、北米が同55%増の8億円、南米が同55%減の1億円、アジア が同2.2倍の5億円で、南米以外の地域が高い伸びを示した。

このほか、発行済みB種優先株式の55.6%に相当する30万株を取 得し、すべて消却するとも4日に発表。普通株式への転換による株主持 ち分の希薄化を抑制するほか、優先株式への配当負担の軽減が目的。一 方、期末に5円の記念配当を行うとし、年間配当予想を15円から20円 に引き上げた。

三菱UFJモルガン・スタンレー証券は4日付で同社株の目標株価 を2000円から2400円に引き上げた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE