減税公約の河村、大村両氏が圧勝-名古屋市長,愛知知事選

名古屋市長選と愛知県知事選は6 日、投開票が行われ、市長に河村たかし氏(前市長)、知事には大村 秀章氏(前自民党衆院議員)が当選した。両氏はいずれも住民税の 「減税」を公約に掲げ、民主党、自民党などが推す候補を退けた。 4月の統一地方選を前に、今回の選挙結果は菅直人政権にとって打 撃となりそうだ。

枝野幸男官房長官は7日午前の定例会見で、両選挙の結果につ いて「民主党の所属国会議員としては大変残念だ。官房長官という 立場からはコメントは控えたほうがいい」と述べた。河村氏らが減 税を掲げて当選したことが消費税増税も含めた社会保障・税一体改 革の論議に与える影響に関しては「直接の影響はない」と否定した。

一方、菅首相は同日夜、官邸で記者団に対し、選挙結果につい て「民主党の推薦候補が当選できなかったことは大変残念だ。今回 の結果を踏まえ、原因を含めてしっかり分析してみたい」と語った。

河村氏は政治団体「減税日本」の代表。名古屋市選挙管理委員 会によると、市長選で66万2251票と約70%の得票率で圧勝した。 河村氏の支持者が署名を集めたリコール請求を受けて実施された名 古屋市議会解散の是非を問う住民投票は賛成多数となり、市議会の 解散が決まった。

愛知県選挙管理員会によると、大村氏は知事選で150万2571票 と次点候補に約90万票の差をつけた。民主党が推薦した候補は市長 選では河村氏の得票の3分の1に達しないトリプルスコアで惨敗、 県知事選では3位に終わった。

河村、大村両氏は6日夜にそろって記者会見。河村氏は「税金 のムダ遣いをあらためるために減税は最も有効な手段で断固として やらないといけない。国が増税一辺倒だからこそ、不景気だからこ そやらなければいけない」と強調。大村氏も「県民税10%減税はや ります」と決意を示した。両氏の共同記者会見は日本テレビのCS 放送「日テレNEWS24」が生放送した。

民主党の石井一選挙対策委員長は6日夜、今回の選挙結果を「正 面から受け止めなければならない」との談話をウェブサイトで発表。 河村氏の掲げる「減税」については「『富裕層減税』に過ぎず、多く の住民にとっては名古屋市・愛知県のサービス機能の低下を招くも のであることは一目瞭然だ」と批判した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE