「大相撲春場所」中止へ、八百長問題を受けて日本相撲協会-朝日新聞

八百長問題を受けて日本相撲協会 は、3月13日から大阪で開催予定の春場所を中止する方針を決めたと6 日付の朝日新聞朝刊が報じた。きょうの理事会で正式に決定するとして いる。大相撲本場所の中止は、旧両国国技館の修理工事の遅れが原因だ った1946年夏場所以来65年ぶりとも朝日新聞は伝えた。

力士らの不祥事で本場所が中止になるのは過去に例がないとしてい る。報道によると、本場所開催を1回見送ると約10億円の入場料収入が 失われ、約5億円とみられるNHKからの放映権料もなくなる。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE