インド株(終了):反落、8月来の安値-インフレは脅威と首相発言

インド株式相場は反落し、指標のセ ンセックス30種株価指数が昨年8月以来の安値で引けた。インフレは 経済成長の勢いに対する深刻な脅威とシン首相が発言したことが響い た。

スポーツ型多目的車(SUV)とトラクターの生産でインド最大 手のマヒンドラ・アンド・マヒンドラは8カ月ぶり大幅安。インド2 位の銀行、ICICI銀行は首相発言を受けて3日ぶりに反落した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種は前日比441.16ポイン ト(2.4%)安の18008.15で終了。前週末比では2.1%下げ、週ベー スで2週続落となった。

マヒンドラ・アンド・マヒンドラ(MM IN)は5.1%安の669.5ル ピー。ICICI銀(ICICIBC IN)は3%下げ996ルピーで引けた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE