三井不:4-12月期の純利益は34%減、通期予想は338億円据え置き

国内不動産首位の三井不動産の4- 12月期の連結純利益は、前年同期比34%減の338億円だった。通期予 想は500億円で据え置いた。東京証券取引所で開示した。

営業利益は同19%減の871億円。賃貸がオフィス空室率の上昇やビ ル建替えによる稼働停止の影響で不振となったほか、分譲も前年同期に あったような大型物件の計上がなかったことなどが影響した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE