ポルトガルの銀行、LCHクリアネット活用へ-ECB資金依存減らす

ポルトガルの大手上場銀行は、短期 資金調達の選択肢を広げ、欧州中央銀行(ECB)からの借り入れに 対する依存を減らすため、欧州最大のクリアリングハウス、英LCH クリアネット・グループを活用する方針だ。

資産規模で民間銀行としては同国最大のポルトガル商業銀行のカ ルロス・サントス・フェレイラ最高経営責任者(CEO)は2日にリ スボンでインタビューに応じ、同行が今週、ポルトガルの銀行として は初めてLCHクリアネットの会員となったことを明らかにした。 「レポ取引市場へのアクセスを高め、ECBへの依存を減らす」こと になるという。

時価総額でポルトガル最大の上場銀行、エスピリト・サント銀行 とBPI銀行の幹部によれば、両行は会員申請をしている。エスプリ ト・サント銀のアミルカル・モライス・ピレス最高財務責任者(CF O)は1月31日のインタビューで、「3月ごろに実現するはずだ」 と述べた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE