NTT:10-12月期純利益4.6%増-固定の収益改善などで

国内通信首位のNTTが4日発表し た2010年10-12月(第3四半期)連結決算によると、純利益は前年同 期比4.6%増の1431億円となった。携帯電話や固定通信事業などの収益 改善が増益の背景。

営業利益は同12%増の3384億円、売上高は同0.6%増の2兆5436 億円。携帯電話会社NTTドコモやシステム構築のNTTデータの増益 に加え、固定通信事業もデータ関連収入増で利益を伸ばした。通期(11 年3月期)業績予想や光ファイバーの顧客獲得目標は据え置き。

クレディ・スイス証券の早川仁アナリストは4日夕のリポートで、 4-12月期の営業利益実績が現行の通期予想1兆1800億円の90%に達 した点を指摘。「大きく株価を押し上げる迫力には欠けるものの、固定 通信事業を中心に会社計画を超過した良好な決算」との見方を示した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE