オリランド株続伸、ディズニーシー入園者増え大幅増益-再増額期待も

オリエンタルランドの株価が続伸。 一時、前日比2.1%高の7940円と、2010年11月5日以来約3カ月ぶり の高値を付けた。「東京ディズニーシー」の入園者数が大幅に増えて利 益率の高いテーマパーク事業が好調、今期(11年3月期)利益予想を 上方修正したことが好感された。

同社の3日の発表によると、今期の連結営業利益は従来予想に 14%上乗せし、前期比35%増の565億円を見込む。足元の入園者数増 加を受け、「東京ディズニーシー」などのテーマパーク入園者数の予想 は従来よりも70万人多い2700万人に引き上げた。

同時に発表した10年4-12月決算では、テーマパーク事業の売上 高が前年同期比で8.9%伸びた。入園者自体が増えたうえ、1人当たり の売上高も増えた。同社広報部の杉山賢祐氏によると、「ダッフィー」 や「シェリーメイ」などテディベア関連商品の販売が好調で、商品販売 収入は同13%増だった。

ただ、修正後の今期連結営業利益予想565億円は4-12月実績584 億円を下回っている。この点について杉山氏は、1-3月はテーマパー クの入園者数が前年同期並みを見込んでいることや、テーマパークの固 定経費の増加、宣伝広告費が1-3月にずれ込んだこと、水上ショー 「ブラヴィッシーモ!」の除去費用計上などの要因を挙げた。

それでも会社計画は控えめとの見方が多い。ブルームバーグ・デー タによると、今回の決算発表後に業績予想を公表したアナリスト3人全 員が会社計画を上回ると予想、3人の営業利益予想平均は598億円だ。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE