米エンロンのスキリング元CEOの三男が加州の自宅で死亡

破たんした米エネルギー会社 エンロンの元最高経営責任者(CEO)で服役中のジェフ・ スキリング受刑者の三男のジョン・テーラー・スキリングさん(20) がカリフォルニア州の自宅で死亡していたことが3日分かった。

スキリング受刑者の弁護士、ダニエル・ペトロセリ氏は3日、電 話インタビューで、死因は投薬に関連したものだと説明した。同氏は 「これは悲劇的な事故だ」と述べ、「犯罪や自殺を示す証拠は何も ない」と指摘した。

同氏によると、ジョンさんはカリフォルニア州オレンジ郡にある チャップマン大学の2年生だった。同郡検視局のジョン・マクドナル ド報道官によると、サンタアナ警察が1日、ジョンさんが自宅で死亡 しているのを発見した。

同報道官が3日の電話インタビューで明らかにしたところでは、 検視は毒物検査の結果待ちで、完了は数週間後になるという。

スキリング受刑者は、当時世界最大のエネルギー会社だったエン ロンの財務状況について投資家を欺いたとして、故ケネス・レイ元会 長とともに有罪判決を受け、24年の禁固刑に服している。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE