米上院:エジプト大統領に新政権への権力移行求める決議可決

米上院は3日夜、エジプトのムバ ラク大統領に直ちに民主的な新政権への平和的な権力移行を求める決 議案を可決した。

決議は、ムバラク大統領が新政権に加わる可能性があるかどうか については言及していないが、年内に行われる大統領選前に、包括的 な暫定政府への「権力移行」を開始するよう同大統領に求める内容と なっている。

ムバラク大統領は1日、9月の大統領選への不出馬を表明したが、 反政府デモを収束することはできず、かえって反政府派の怒りをあお る結果となった。反政府派は即時辞任を求める姿勢を強めている。

今回の決議は、独立した政党の結成を認める「具体的措置」をで きるだけ早急に講じるよう求めている。また、「過激主義的なイデオ ロギー」を持ったいかなる組織の台頭にも懸念を表明した。

さらに、米国の対エジプト支援は、エジプト国民の権利を守ると いう目標を前進させると同時に、米国の国家安全保障上の利益も推進 するとしている。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE