米アップルのCEO後継計画の開示求める株主提案、ISSが支持

米アップルに対しスティーブ・ジョ ブズ最高経営責任者(CEO)の後継計画の開示を求める株主提案に ついて、議決権行使助言会社インスティテューショナル・シェアホル ダー・サービシズ(ISS)が支持を表明した。ISSは株主総会議 案の賛否などについて機関投資家に助言する。

ISSが発表したリポートによると、同社はアップル取締役会が CEO後継計画を毎年開示することが望ましいと考えている。同開示 請求については、労働組合LIUNAも支持している。

ジョブズCEOは1月17日に、2004年以降で3回目となる医 療休暇入りを発表。日常業務はティム・クック最高執行責任者(CO O)が代行しているが、同社はジョブズ氏が復帰できない場合の後継 者については明らかにしていない。後継計画の開示を求める提案は 23日に開かれる年次株主総会で検討される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE