NY金先物:反発、エジプト混迷の深刻化で2週ぶり高値-1353ドル

ニューヨーク金先物相場は大幅反 発。2週間ぶり高値に上昇した。エジプトの混迷が深刻化し、逃避先 としての金需要が高まった。銀も急伸し、同じく2週間ぶり高値を付 けた。

カイロのタハリール広場では、ムバラク大統領の即時辞任を求め る反政府派と親ムバラク派がこの日も衝突、銃発砲の事態に悪化した。 野党勢力のムスリム同胞団はイスラエルとの平和条約を見直す権限が 議会にあると主張した。中東不安はイエメンに波及し、首都サヌアで は反政府、および親政府派が集結し、数万人規模のデモが行われた。

MFグローバルのアナリスト、トム・ポーリッキ氏(シカゴ在勤) はリポートで、「抗議活動が広がっているという事実は、相互に刺激 しあっているということを示唆する。今年は中東革命の年になるかも しれない」と述べた。「新しく誕生する各政府とイスラエルの緊張が 高まれば、質への逃避で金属相場は高値を維持するだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物 4月限は前日比20.90ドル(1.6%)高の1オンス=1353ドルで終 了した。一時は中心限月としては先月20日以来の高値となる

1356.60ドルまで上昇した。

銀3月限は1.6%高の1オンス=28.728ドルで引けた。

原題:Gold, Silver Jump to Two-Week High as Egyptian

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE